日本NGO連携無償資金協力・贈与契約署名式(アジアの障害者活動を支援する会)

  

日本政府は,アジアの障害者活動を支援する会(ADDP)による「ラオスにおける知的障害者社会自立のための生活・就労支援プログラム(第3年次)」に対して総額217,908米ドルの支援を行います。
 
2019年1月31日,在ラオス日本国大使館で署名式が行われ,久野和博・在ラオス日本大使館臨時代理大使と,中村由希ADDP事務局長との間で贈与契約が交わされました。本事業は,3年間のNGO連携無償資金協力案件として2017年より開始し,今年が最終年となります。
 
2017年2月から2020年1月の3年間で,ラオスにおいて支援が遅れている知的障害者を対象に接客・清掃・農作業・手工芸品製作等の職業訓練を実施し,ラオス企業への就職や収入向上のための活動を通じて,障害者の社会自立を達成するための基礎能力を構築することを目指しています。

ADDPは,1992年に設立された国際NGOであり,1997年からラオスを中心に,障害者の社会自立に寄与するための様々なエンパワメントに資する活動を実施しています。