大使からのご挨拶

本欄に画像を表示

在ラオス日本国大使館ホームページをご覧の皆様

 9月3日に駐ラオス大使として当地に着任しました竹若敬三(たけわか けいぞう)です。

 2015年に日本とラオスの関係は「戦略的パートナーシップ」に格上げされ,両国の伝統的な友好・協力関係は,政治,経済,文化等幅広い分野で大きく発展しています。このように両国関係の発展の機運が一層高まりを見せているこの時期に,当地で勤務できることを大変光栄に思っております。中央政府間の交流はもちろん,地方レベルでの交流,民間企業による経済交流,国民レベルでの文化交流,そして2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会に向けたスポーツ交流の促進など,あらゆる分野で二国間の戦略的パートナーシップが更に発展するよう,全力を尽くしたいと思います。

 ラオスは,2016年にASEAN共同体として初の議長国という歴史的な役割を果たし,地域の中心的プレーヤーとしてのASEANの役割を強化する上で存在感を高めました。日・ASEANという枠組みにおいても,そして国際社会の様々な課題に対処していくためにも,戦略的なパートナーとして,ラオスとの連携を強めていく考えです。

 近年,ラオスに長期滞在されたり,当地在留邦人の皆様や,旅行,ビジネス等で短期滞在をされる日本人の方々も増えてきていると承知しています。皆様がラオスで安心してお過ごしいただけるよう,安全情報の発信を含め,各種行政サービスの提供に努めてまいります。

 日本国大使として,日本とラオスの更なる友好・協力関係の深化・発展のために精一杯努めていく所存です。皆様の御理解と御支援をよろしくお願い申し上げます。
 
2019年9月
 
駐ラオス人民民主共和国特命全権大使
竹若敬三