ラオスにおける陰性証明書費用及びラオス入国時の検査費用の変更等

2021/3/24
【ポイント】
〇国立疫学検査センター(NCLE)に照会しましたところ、陰性証明書取得のための費用が120万キープから65万キープに変更され、検査日として土・日曜日が追加されたとのことでした。変更後の扱いを以下のとおりお知らせいたします。
〇また、同センターによると、ラオス入国時のPCR検査の費用として待機施設を通じてこれまで120万キープを徴収していましたが、65万キープを徴収することとなったとのことです。
 
【本文】
 ラオスにおける陰性証明書の取得方法
 
 国立疫学検査センター(NCLE)のみで取得できます。
※ 大使館から同センターに確認したところ検査日等は以下のとおりです。今後、扱いが変更される可能性がありますのでご自身でもご確認願います。
※ ラオス出国時に証明書を求められた場合は提示のみにとどめ、原本は日本入国時に提出してください。
1 検査時間
(1)月曜日~金曜日 8:30~(終了時間は不特定のため、早めに訪問されることをおすすめします。)
(検査日早見表)
出発日 検査日
月曜日→金曜日
火曜日→月曜日
水曜日→月曜日
木曜日→火曜日
金曜日→水曜日
土曜日→木曜日
日曜日→金曜日
(2)土曜日、日曜日 9:00又は9:30頃(準備が整い次第とのことです。)~(終了時間は不特定のため、早めに訪問されることをおすすめします。)
 
2 証明書受取日時
 検査日に通知されます。
 
3 必要なもの
旅券原本、Eチケット、65万キープ(現金のみ。変更前は120万キープ)
 
4 予約 不要
 
5 場所 https://goo.gl/maps/jWPJk1szY8niddTG9
 
6 電話番号 021-312351
 
【問い合わせ先】 在ラオス日本大使館領事班 開館時電話:021-414-400~403
閉館時緊急電話:020-5551-4891
メール:consular@vt.mofa.go.jp
 
※大使館からのお知らせメールの配信を停止したい方は,以下のURLからお手続きをお願いいたします。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/delete?emb=lao
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLからお手続きをお願いいたします。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete