英文のワクチン接種証明書の発行について(追加情報等)

2021/7/9
【ポイント】
〇英文のワクチン接種証明書の発行について、以下Iのとおり追加情報等をお知らせいたします。
〇先般発出した領事メールは、以下IIのとおりです。
 
【本文】
I 英文のワクチン接種証明書の発行について、追加情報等は次のとおりです。
 
1 ファイザー製ワクチンの英文証明書の発行(追加情報)
申請場所であるMother and Child Health Centerに確認したところ、ファイザー製ワクチンを2回接種した方に対しても、英文証明書を発行するとのことです(申請書は、申請場所で入手)。
 
2 対応時間(追加情報)
Mother and Child Health Center等に確認したところ、次のとおりです。
・申請時間:8:00から11:30
・受取時間:13:00から16:00
 
3 接種カードの呈示(補足情報)
保健省に確認したところ、接種カード原本は呈示のみ、コピーを提出することで変更はなく、その旨、現場にも徹底するよう指示を出すとのことです。
 
4 所要日数(補足情報)
保健省の説明では1~2日とのことですが、実際には1~2週間を要しているとの報告がありますので、余裕を持って申請してください。
また、急ぎの場合には、航空券のコピーを提出するなどすれば、可能な範囲で早めに対応したいとのことです。
 
5 申請場所連絡先(訂正情報)
申請場所であるMother and Child Health Centerの電話番号に誤りがありましたので、次のとおり訂正いたします。
(誤)021-617-051
(正)021-840-142
 
II 6月27日に発出した領事メール「英文のワクチン接種証明書の発行について」は、次のとおりです。
(本文)
 ラオス保健省によると、現在、首都ビエンチャンにおいて、以下の要領で海外渡航用等に英文のワクチン接種証明書を発行しているとのことです。

1 対象者
ワクチンを既に2回接種した方(現時点ではシノファームとアストラゼネカのみ)

2 申請場所
Mother and Child Health Center(セタティラート病院の裏)
電話番号:021-617051

3 必要書類
(1) 接種カードの原本及びそのコピー(原本は提示のみ、コピーを提出)
(2) ID又はパスポートの原本及びそのコピー(原本は提示のみ、コピーを提出)
(3) 申請書(シノファーム用とアストラゼネカ用の2種類があります)
※「申請書」は当館ホームページ(https://www.la.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00547.html)からダウンロードできます。予め記入した上で申請場所にお持ちください。

4 所要日数
1日から2日
 
 
【問い合わせ先】 在ラオス日本大使館領事班
開館時電話:021-414-400~403
閉館時緊急電話:020-5551-4891
メール:consular@vt.mofa.go.jp
 
※大使館からのお知らせメールの配信停止は,以下のURLから手続きをお願いいたします。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/delete?emb=lao
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止されたい方は,以下のURLから手続きをお願いいたします。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete