新型コロナウイルス(ラオス国内の確定症例10月5日及びワクチン接種情報)

2021/10/5
【ポイント】
〇10月5日、ラオスCOVID19対策特別委員会は、首都ビエンチャン166名(市中感染)、ルアンパバーン県90名(市中感染)、ボケオ県81名(市中感染)、サワンナケート県38名(市中感染34名、帰国労働者4名)、チャンパサック県24名(市中感染)、ビエンチャン県16名(市中感染)、サイソンブン県15名(市中感染)、ボリカムサイ県13名(市中感染)、サラワン県6名(市中感染)、ルアンナムター県4名(市中感染)、シェンクワン県1名(市中感染)の計454名の新規感染者が確認された旨発表しました。これで感染者数は計25,978名になりました。
〇首都ビエンチャンのワクチン接種情報は、以下2のとおりです。
 
【本文】
1 市中感染者の状況
(1) 首都ビエンチャン166名
 サイセッター郡8村53名(うちNahai刑務所40名)
 チャンタブリー郡4村36名
 ナーサイトン郡7村20名
 ハートサイフォン郡7村20名
 シコータボン郡9村11名
 シーサッタナーク郡4村8名
 サイタニー郡8村11名
(2) ボケオ県81名
 ゴールデントライアングル経済特区(空港建設のラオス人21名、ミャンマー人49名、中国人11名)
(3) ルアンパバーン県90名
 ゴイ郡5村13名
 ナムバーク郡10村41名
 ポントン郡3村13名
 ルアンパバーン市3村11名
 チョンペット郡2村9名
 シェングン郡1村1名
(4) ルアンナムター県
 中国人4名
(5) サイソンブン県
 3村15名
(6) ビエンチャン県16名
 バンビエン郡7名(108病院職員3名、Savang村、Houaygnae村、Phoudindeng 村)
 ビエンカム郡5名(Phoukhaokham村、Thinkeo 村 、Thalath 村)
 ケオウドム郡Thalath 村4名
(7) ボリカムサイ県13名
 パクサン郡9名
 パーカディン郡4名
(8) サワンナケート県34名
 ウトゥムポン郡6村25名(うち軍人12名)
 カイソン・ポムヴィハーン市 3名
 アッサパントン郡2名
 チャンポン郡1名
 ソンコーン郡1名
 アーサポン郡2名
 
2 首都ビエンチャンのワクチン接種情報
 保健省によると、10月15日まで以下のとおり予定しているとのことです。ワクチンはいずれもアストラゼネカ製及びシノファーム製(1回目についてはワクチンの選択はできないとのこと。)。
(1) 1回目接種
ア 必要書類:パスポートなどの身分証明書
イ 予約なしでは接種を受けることはできないとのことです。
ウ 場所
 (ア)マホソット病院、ミタパーブ病院、セタティラート病院、母子健康病院( 予約サイト「 https://vaccinatelaos.la/#/cvr 」(画面の言語切り替えボタンで英語表示も可。)で事前に予約をお願いいたします。)
 (イ)各郡病院( Lao KYCアプリ(ラオス語のみ)で事前に予約をお願いいたします。 )
 
(2) 2回目接種
ア 必要書類:1回目に渡されたワクチンカード
イ 予約不要 
ウ 日時・場所
 (ア)マホソット病院、ミタパーブ病院、セタティラート病院、母子健康病院
 (イ)各郡病院(土日を含む。8:00~16:00)
 
【新型コロナウイルスに関する厚生労働省HP】
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
 
●領事サービスの事前予約制
 当大使館での旅券,証明,戸籍届出等の領事サービスを事前予約制とさせていただいています。詳細は以下を御覧願います。
「往来封鎖(ロックダウン)に伴う日本大使館領事サービスの事前予約制」
https://www.la.emb-japan.go.jp/itpr_ja/11_000001_00678.html
 
在ラオス日本大使館領事班
開館時電話:021-414-400~403
閉館時緊急電話:020-5551-4891
メール:consular@vt.mofa.go.jp
 
※大使館からのお知らせメールの配信停止は,以下のURLから手続きをお願いいたします。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/delete?emb=lao
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止されたい方は,以下のURLから手続きをお願いいたします。 https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete